ネパール より 7日目(迷子)

2019年6月1日〜2019年6月25日までネパールを旅した記録です。

▶︎「ネパールより」全話はこちらから

迷子

今日から、ネパール のダマンという村で場所ボランティアが始まる。

昨日から、カトマンズのホテルに泊まっている。

同じドミトリールームには、日本人の女性が二人滞在していた。

朝6時ごろ、ジップロックのこすれあう音で目を覚ました。

隣のベットでは、今日からトレッキングに向かうと言う女性がパッキングをしていた。まままどろみの中で、彼女を見送った。

朝食を済ませ、ドミトリーに戻るともう一人の女性がいた。

「次はどんなところに行きたいのか?」
「どんな音楽が好きなのか?」
「どんな本が好きなのか?」

どこにでもありそうな会話だけど、旅という共通点があるからこそできる心地いい会話だった。

自分もパッキングを済ませて、ドミトリールームを後にする。

「じゃあまた、どこかで。」
「気をつけてね。」

カトマンズ市内にあるボランティア団体の事務所に向かうために、タクシーを捕まえる。

タクシーの運転手にスマホでマップを見せ「ここに行きたい」と言うと、
「1000ルピーだ」と返ってくる。

高い。たった4キロに1000ルピーは高すぎる。

「エクスペンシブ!」というと、この運転手は折れない。周りを見渡すと、ゾロゾロと他のタクシー運転手が集まって来てしまった。

タクシー運転手の群れから逃れたくて、ぼくは渋々「OK・・・」と言ってしまった。

タクシーに乗り込むと、勢いよく運転手はアクセルを踏んだ。

カトマンズの朝の渋滞は凄まじい。そこら中からクラクションがなり、原付やバイクが群れのように犇いている。
いっこうにタクシーは進まない。挙げ句の果てにはタクシーの運転手は通行人に道を聞き出す始末。

刻々とせまる集合時間。

「ここだ。」とタクシーの運転手が自信満々に言うので、1000ルピー払ってタクシーを降りた。

しかし、周囲を見渡しても、ボランティア団体の事務所らしき建物は見えない。

そうこうしているうちに集合時間を過ぎてしまった。

「もうこうなったら形振り構ってはいられない。」道ゆくネパール人に聞こう。

学生らしき二人組みの青年に声をかける。

「この事務所知ってる?」
「知らないな・・・」

もう一度、綺麗な身なりで鼻の高いイケメンに声をかける。

「この事務所知ってる?」
「知らないな・・・調べてあげるよ」

やっぱりここはネパールだ。人が優しすぎるくらいにやさしい。

結局彼は、自分のスマホで電話をかけて、ボランティア事務所の人を呼び出してくれた。

彼と数分間、道沿いで待っていると一人のネパール人が現れた。

「君がタカヒロだね」「ぼくはボランテイア事務所の者だ」と。

一気に体の力抜けた。

よかった。このままボランティアに参加できなかったら、せっかくネパールまで来た意味がなくなってしまうところだった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です