ネパールより6日目(コトバ)

2019年6月1日〜2019年6月25日までネパールを旅した記録です。

▶︎「ネパールより」全話はこちらから

コトバ

僕は英語が得意じゃない。

おそらく多くの日本人が、英語に対して苦手意識を持っているのではないだろうか。

ネパール人はみんな英語が得意だ。と言うよりも英語が苦手だとは思っていない。
発音は聞き取りにくいし、文法も適当な人もいる。

それでもネパール人は何のためらいもなく英語で話しかけてくる。

ネパールにきてからは、現地の人とはほとんど英単語で会話している。
通じないこともたくさんあるし、それでトラブルになることもあった。実際タクシーのおっちゃんとかには多少カモられていたと思う。

ポカラの街でTシャツを買った時のことだ。

「どこから来た?」とTシャツ店の店主に聞かれ、

「ジャパン!」と答えた。

「いいね!お前英語上手だよ。」と店主。
この国の人は本当によく褒めてくれる。

「あんまり英語得意じゃないんだ。」と答えると

「俺は学校の先生だったんだぜ」と店主。

そこから、なぜか、ぼくの店主の英語とネパール 語の授業が始まった。

簡単な挨拶から、文法の話まで。

正直、ネパール語文法の話は全く理解できなかったけど、カタコトでのやり取りがあまりにも楽しかった。

この楽しいさは一体何だろう??

正体はきっと、新しいコトバを覚えることイコール世界を広げることだからだと思う。

他の言語を獲得すれば、コミュニケーションを取ることができる人が一気に増える。
今まで、知ることができなかった情報に触れることが出来るし、今まで出会えなかった人に出会うことが出来る。

そうだ、コトバを覚えよう。
英語もネパール語も日本語も。
きっと世界が広がるから。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です